昔と比べて着物を着るシーンは珍しくなっているので、着物が特に好きな人以外は、それほど多くないのではないでしょうか。結婚式などの冠婚葬祭や成人式、入学式や卒業式、七五三、お宮参りなど、改まったイベントにだけ着る人も多くなっています。そのために着物を購入しても、しばらく着ないでいるうちに不要になってしまい、中には手放す方もいらっしゃいます。昔着ていた着物が箪笥の中に眠っていて、知らない間に沢山増えてしまい、保管場所に苦労しているケースもあるでしょう。そんな時には、思い切って手持ちの着物を他の人へ譲るか処分してしまって、必要な時に着物レンタルを使う方法があります。着物レンタルは、レンタルの特徴や方法について押さえておけば、いつでも気軽に着物をレンタルすることが可能です。今回は、着物レンタルのノウハウについて分かりやすくご紹介します。

インターネットを通じた着物レンタルの方法とは?

着物レンタルには、直接店舗に行って依頼するケースと、インターネットで予約をするケースがあります。インターネットで着物をレンタルする場合は、まずはサイト上で好みの着物を選び、注文画面で必要事項を入力してレンタルの申し込みをします。すると、確認メールが届くので、サイズやレンタルの期間、届け先住所、配達予定日などを確認します。注文内容を確認したら、支払いを済ませましょう。最近は、当日以前に着物姿を撮影する前撮りが主流になってきています。前撮りする場合には、当日だけでなく前撮りについても着付けやヘアメイクの予約を美容院に済ませます。自宅や美容室など、指定した住所に着物が届いたら、すぐ一式揃っているかを確認し、小物などに不足がないかチェックしておきます。当日は、着物一式と小物を持って、予約している美容院へ行って着付けとヘアメイクをしてもらい、出席する会場へ向かいます。着物を使った後はクリーニングが不要なので、そのままの状態で指定されたものに梱包し、返送すれば完了です。

実店舗にて直接レンタルする方法とは?

実店舗で直接レンタルする場合、サイズがぴったり合うものが見つかる上に、自分でデザインを見て確かめられる利点があります。まずは店に足を運び、実際に好みの着物を探して申し込みます。申し込みの際は、前撮りの予約確認もしておきましょう。前撮りは指定の場所があるケースとないケースがあるので、そちらも確認します。ある場合には、そこで着付けとヘアメイクも一緒にしてもらえることが多くなっています。次に、当日のために着付けやヘアメイクの予約を美容院で取りましょう。指定された日に予約した着物一式が送られてきます。当日は、予約した美容室の込み具合によって、着付けなどの待ち時間が変わりますので、余裕を持って向かいましょう。もちろん、着物や小物一式を忘れずに持って行きます。使用後は、着物を一式まとめて店舗へ直接返却しましょう。

インターネットでのご注文は年中無休、24時間受け付けています。 1商品あたり約21枚ものモデル着用画像を掲載し、試着しなくても安心してレンタルすることが可能です。 一部の商品で帯のコーディネートカスタマイズが可能となっています。 2015年8月3日オープン。サイトオープン時にはWWDJapanにも取り上げられました。 1日につきプラス5.400円で最大6泊7日まで延長可能なプランもございます。 着物レンタルhataoriでオシャレ着物を探そう